Monthly Archives: 7月 2015

部屋を貸す時の家賃の差をどうするか

部屋を貸す時の家賃の差をどうするか

小さいマンションを所持しています。
長く住んでくれている部屋、適度に入れ替わる部屋、なかなか借り手がつかない部屋と様々ありますが、そこで問題となってくることに家賃の差があります。

借り手がつかない部屋はどうしても条件を良くして、つまり家賃を下げて募集をかけます。
そこで借り手がついた場合はもちろん嬉しい限りなのですが、問題となることが先に借りてくれている部屋たちとの家賃の差をどうするのかというところです。

その時その時の状況があるので決して騙しているわけではありませんがその家賃の差を黙っているのも申し訳なくなってくるというかそのような心が芽生えてしまいます。
その差が小額ならまだしも1万円以上の差になってしまうと罪を感じてしまうところです。

仮に借り手側が違う部屋の家賃の情報を知ったとして交渉してくれば即座に下げれば良いという考えもありますが、それまでは良いかという考えもなきにしもあらずです。
ですが、良心的に落ち着かないところでありました。
なのでイコールまでにはしませんでしたが、こちらからその家賃の差を小さくする提案をさせていただきました。