こんなはずじゃなかった!結露の怖さ。

こんなはずじゃなかった!結露の怖さ。

若い時の話です。自分で不動産を周り部屋を内覧し借りるということが20歳の頃までに3度ありました。
そしてその3度目の時に駅近築浅の8階建てのマンションを内覧することになりました。

その部屋は角部屋2DKコンクリート打ちっぱなしですごくおしゃれな部屋でした。
浴室乾燥機、ウォシュレット、オートロック、シャワー付き洗面台、IH3口のシステムキッチンなど設備も揃っていてここなら快適に暮らせると思ったので後日契約をしました。
入居した季節は春の始めあたりで過ごしやすい季節でした。

L字型のバルコニーは1部屋は南向きになるのですがもう1部屋は東向きになるため朝しか陽は入りません。
でも風通しがいいので洗濯物はすぐに乾きました。
夏になり外は暑くても家の中は涼しくあまりエアコンをつけなくてもある程度は過ごせていました。しかし問題は冬に起こりました。

外の気温が下がり始めると窓に結露ができ始めたのです。
最初はこんなものだろうと思っていたのですが、日に日に玄関のドアや床はびしょびしょに。
家中の窓がびしょびしょに。
拭いてもまたすぐに結露ができてしまいました。
結露ができるのに家の中は乾燥していて加湿器をつけると天井からポタポタと雨漏りのように水滴が勢いよくおちてきました。
結局木の家具や服にもブーツにもカビが生えてしまい捨てることになってしまいました。
勉強になったので引越し後の家は少し古いけど快適でした。

温度が低く、湿気がこもりやすい部屋に多いそうです。
カビが発生しやすく家にも体にも結露は良くないので結露対策のできた家で快適に暮らしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>